UPASKUMA-アイヌ犬・ウパシと知床の暮らし-
UPASKUMA-アイヌ犬・ウパシと知床の暮らし-
UPASKUMA-アイヌ犬・ウパシと知床の暮らし-
UPASKUMA-アイヌ犬・ウパシと知床の暮らし-
UPASKUMA-アイヌ犬・ウパシと知床の暮らし-
UPASKUMA-アイヌ犬・ウパシと知床の暮らし-
UPASKUMA-アイヌ犬・ウパシと知床の暮らし-
UPASKUMA-アイヌ犬・ウパシと知床の暮らし-
UPASKUMA-アイヌ犬・ウパシと知床の暮らし-
UPASKUMA-アイヌ犬・ウパシと知床の暮らし-
UPASKUMA-アイヌ犬・ウパシと知床の暮らし-
UPASKUMA-アイヌ犬・ウパシと知床の暮らし-
UPASKUMA-アイヌ犬・ウパシと知床の暮らし-
UPASKUMA-アイヌ犬・ウパシと知床の暮らし-
UPASKUMA-アイヌ犬・ウパシと知床の暮らし-
UPASKUMA-アイヌ犬・ウパシと知床の暮らし-

UPASKUMA-アイヌ犬・ウパシと知床の暮らし-

2,200
(0point)

↑ ↓

【商品説明】 
 斜里町在住の写真家・川村喜一による初の写真集。
 アイヌ語で「雪」を意味するアイヌ犬“ウパシ” の成長を軸に、知床の風土、人々、動物達の暮らしぶりをおさめた生命の讃歌です。コムヌプリ限定、アイヌ犬ウパシのポストカードつき。

 春に生まれた真っ白なアイヌ犬の子犬は、アイヌ語で“雪”を意味する「ウパシ」と名付けられました。
 知床の厳しくも豊かな自然、懸命に生きる動物たち、その隣にある人々の暮らし。
 たくさんの命が等価に存在する世界遺産・知床で、逞しく生きるアイヌ犬・ウパシの成長譚を、鮮やかにそして粛々と記録します。


 [著者]
 川村 喜一 (カワムラ キイチ)
 写真家・映像作家。1990年、東京都西荻窪生まれ。東京藝術大学大学院修了。2017年より北海道・知床に移住し、自然と表現、生命と生活を学び直している。


【詳細情報】
 著者:川村喜一
 発行:2020年4月23日
 サイズ:A4変型判
 ページ数:全144ページ